はじめての方へ
事務局よりごあいさつ
★一度ご購入された方は無料でアロマライフ・ジャパン会員にご登録となり、会員様にはお得な特典をご用意しています。
■ショッピング情報

お申し込み方法

配送・お支払いガイド

特定商取引に基づく表記

プライバシーポリシー

ファックス注文用紙

■ご感想募集中で〜す

アロマライフ・ジャパン製品のご感想を募集中です。
ヒムカシリーズ
ヒムカペンダント

ヒムカ転換・循環

ヒムカシール転換・循環
ぴゅあけーわん
食用岩塩「このは」「回帰」
羅漢果「有氣」
RKカード
RKボックス
入浴用岩塩「さくら」
ヒムカシャワー
イヤシロ温泉

このサイトのショッピングカートは、プライバシー保護のため、SSL暗号化を採用(導入)しています。

「イヤシロ倶楽部」トップページ 「ヒムカシリーズ」トップページ
 >「日々の生活に役立つ伝承の智恵」トップページ >家の風水の基礎知識

 
■日々の生活に役立つ伝承の智恵
家具の配置で作るイヤシロチ

基本的な家の立地条件として、ベストはイヤシロチを探すことですが、これは土地を買って家を建てる人意外にはちょっと無理な話ですね。しかし、それはインテリアの配置からでも工夫はできます。
つまり、北に山、南に緑(平野地)、東と西に光、を模すインテリアの配置にすればいいのです。
例えば・・・

北側・西側
北側か西側の壁にタンスや本棚など、大きくてどっしりした家具を置いて、それを山とみなします。絵を置く場合は、西の壁に夕日や満月、山の中に浮かんでいる月など。北側は雪とか湖とか海をモチーフにしたものを置きます。 
南側・東側
北側・西側の「山」より、チェストなどの全体的に低い家具を配置します。そしてなるべく光が入るように工夫すること。また、東側に、朝日の絵や写真などを飾るのもよい。(家具を選ぶ際は、金属よりも木でできたものを選んだほうがよいでしょう)

などなど。そこは工夫次第です。そして、基本的なことですが、方位を見る前には、必ず家の中心点を取ってください。その中心点から見て、北か南か東か西か、という方位で見ていくことが重要です。

鬼門と裏鬼門

風水を知らない人でも知っている「鬼門」「裏鬼門」。これはどんな家でも、まず最初にきれいにしなければならない「気の通り道」。鬼門、裏鬼門は大変に重要な場所となります。

それぞれ家の中心からみて
鬼門
北東(うしとら)の方位
裏鬼門
南西(ひつじさる)の方位
陰陽道では鬼が出入りする方角とされて、万事に忌むべき方角といわれています。鬼(おに)というと恐ろしいですが、つまりは鬼(き)で「気」。重要な「気」の通り道なのです。
旺気ライン
まず、家の中心から見て、北東(鬼門)から南西(裏鬼門)に真っ直ぐラインを引きます。このラインを「旺気ライン」といいます。「旺気ライン」は人によって少しずつ違いがありますが、だいたい北東と南西から右に15度、左に15度、つまり30度の角度の幅をもたせ、北東から南西にかけて直線のラインを2本平行に引いた中に納まります。
「旺気ライン」の 「旺気」は「幸運の気」、「龍脈」と呼ばれる「いい気」のことです。「旺気ライン」とは、エネルギーが清いラインのことです。だから鬼門、裏鬼門は常にきれいにしておく必要があるといわれているのです。戸建てでもマンションでもそれは同じことです。

基本的には「旺気ライン」に水場(トイレやお風呂、大きな水槽など)はないほうがいいです。水場は「気」が滞りやすい場所。水場はまめに掃除をするだけでなく、そこに炭をおいたりして湿気を取ったり防臭をしたりして、気持ちのいい場所にするように常に心掛けておきましょう。そう意識し、やるだけでも「気」の流れが全然違うはずです。

また、「旺気ライン」には宗教物(お守り、宗教系の本、神社のキーホルダーなど)は置かないようにしてください。神仏系のもの、宗教物などは、それ自体がエネルギー物質になります。いいか悪いかは別としても、宗教的に伝承されてきた「思い」や形態の「波動」みたいなものがあるので、「旺気ライン」のようなエネルギーが清い場所におくと良くも悪くも乱してしまうのです。

また、止まった時計も、「旺気ライン」には置かないでください。時計は時を刻むもの。清いエネルギーの場所で、時を刻むものが止まったまま置かれると、清いものも滞ってきます。「旺気」が「衰気」に変わってしまいますので注意してください。
とにかく、どんな家でも「旺気ライン」はきれいにすることを心掛けてください。

★旺気ラインの風水のポイント
・常にきれいにしておく。
・水場(お風呂、トイレなど)はないほうがよい。
・ツタの絡まる植物、トゲのある植物、止まった時計、鏡は旺気ラインにはおかない。
 ※鏡をおく場合はきれいに磨く 。
★その他のポイント
・ベッド、玄関は鏡に映さないようにする。
 ※映る場所に鏡がある場合は布などをかけておく。
・調子が悪い時は北枕(きたまくら)にするとよい。
・各部屋でイヤシロチを作るようにするとよい。
賃貸マンションの場合
女性の一人暮らしは防犯の面もありますから、そこは加味して考えてほしいのですが、マンションに住む場合は地面に近い一階がお勧めです。人間は「自然(地面)」から離れれば離れるほど生命力が弱くなるし、精神的にもよくないんです。
景色のいい高層階になればなるほど人気の物件でしょうが、いい景色を見ることと「自然と触れ合う」ことは違います。ですので、仮に高層階に現在お住まいの方は、とにかくまめに自然に触れることをお勧めします。土に触れたり、時間がある時は足を伸ばしてマイナスイオンたっぷりの森で森林浴をするといいでしょう。毎日少しずつでも自然に触れていれば、体調はかなり違ってくると思います。
窓と光
風水的にも、精神衛生的にも、窓がある限りは、光を入れて換気をすることが大切です。しかし一日中、窓を開けっぱなしにする必要はありません。一日一回だけでもいいのです。日を浴びて換気をしましょう。またそれは24時間のサイクルの中で、自然にできるのがベストです。
空気の入れ換えがなくて、光の入らない部屋を「死に部屋」といいますが、もちろんそんな空間は作らないほうがいいに決まっています。普段使わない部屋でも少しでも光を入れて換気をして活気のある部屋にしましょう。「旺気ライン」同様、光も風も滞らないで流れて回っているのが一番なのです。
照明
家の照明は、基本は朝日や夕日の色に近い色がベストです。つまりやわらかい色。これが人間には一番いいのです。ですから、白熱灯がお勧めです。ただし、難点を挙げると、白熱灯のほうが電気代は高くつくし、地球の温暖化への影響も否めません。
明るいのに省エネで発熱量が少ない蛍光灯ですが、しかし実は電磁波がすごいのです。蛍光灯はものすごい速度で点滅しているのですが、この点滅で「気」が乱れ、知らないうちに目も疲れてきます。ですから少々電気代は高くつきますが、白熱灯のほうがよいでしょう。もし蛍光灯を使わざるを得ない場合は、温かい色の蛍光灯(白熱灯色)を使うようにするとよいでしょう。
炭(竹炭、桜炭、備長炭など)
炭は湿気が多くてモノが腐りやすい場所、カビが発生したり、少し風通しをしたいと思う場所におくといいです。例えば、台所の下にある収納のなかや、洗面所の下の洗剤などを入れている収納棚、風呂場やトイレなど。また、寝室の横のクローゼットなど、湿気が多い場所は水場以外にもあるものです。
「旺気ライン」に水場があったり、どうしても汚れがちな場所にも炭や塩をおくとよいでしょう。
観葉植物
植物はマイナスイオンを出してくれますし、目にも心にも優しく私たちの「気」を整えてくれます。観葉植物はどこにおいてもいいのですが、旺気ラインにサボテンなど「トゲ」のあるものや、「ツタ」が絡まるものは、あまりよくありません。トゲを持っている植物(動物)はオーラもトゲを持っています。身を守るための防衛策としてトゲを作っているので、基本的にやわらかいオーラではありません。誰でも尖ったものを向けられたら嫌なはずです。そのオーラが存在することで、気付かぬうちに、多少「気」が乱れるのです。
また、ツタはその形状がぐるぐる巻いている形をしています。その螺旋の「気」が、時と場合によって「気」を乱す原因になることもあります。他の観葉植物なら問題はないので、「トゲとツタのある植物」だけはなるべく避けてほしいと思います。
パソコンなどの電磁波に囲まれている人は・・
パソコンがこれだけ普及した現代は、仕事などで一日中パソコンの前にいる人も多いでしょう。また、いつも携帯電話で話し続けていれば、当然電磁波の影響は肉体的にも精神的にも出て当然です。
パソコンの前に座っている時間の長い人は、観葉植物などをおいたりするほかに、トルマリンやブラックトルマリンなどの石を側においておくといいです。オーラから見ても電磁波の影響をかなり抑えてくれますし、「気」を整えてくれます。トルマリンがなければ、気に入ったクリスタルなど、自分の落ち着く石をおいておくのもよいでしょう。
体にたまった電磁波などのよくない気を抜く方法として、「裸足で土に上を歩く」「海で泳ぐ」そして「塩風呂に入る」などがあります。結局いつも一番いいのは「自然に触れる」ということです。
パソコンをはじめ、携帯電話や電気製品の電磁波防止に!
アロマライフ・ジャパンでは「イヤシロ倶楽部」の電磁波防止アイテムをお勧めします。
→ヒムカ製品の電磁波防止アイテム
 ・ヒムカ製品  「ヒムカシール転換」 「ヒムカ転換」

1日の疲れを癒すお風呂の排毒効果を高めます!

→塩風呂はヒムカ製品の入浴用岩塩「さくら」をお勧めしています。
イヤシロ倶楽部がオススメするヒムカ製品の電磁波防止アイテム
ヒムカシール転換
「ヒムカ転換シール」は、身近にある携帯電話・パソコン・テレビなどが発する電磁波などの有害なエネルギー波動を制御転換し、それらの電化製品を人体に適した状態で安心して使えるようにすることを目的として開発されました。
>>>ヒムカシールのページはこちら
ヒムカ転換
ヒムカシールより強力に作用する「ヒムカ転換」は1個で2,520円(税込)となっております。背面はシールにはなっておりませんので、両面テープを貼ってお使いください。
>>>ヒムカ転換のページはこちら
イヤシロ倶楽部がオススメする入浴用岩塩
入浴用岩塩「さくら」
お風呂でデトックス
風呂に入れるだけで発汗をうながし、尿や便では排毒できない体内の環境ホルモンなどを、汗腺から排出するのを助けてくれます。お風呂上りは、体がスッキリと軽く感じられたりすることも。その爽快感は、一日の終わりの「心身のリセット」のお手伝いをしてくれます。
>>>「さくら」の詳細はこちら
Copyright(C) Aromalife Japan All Rights Reserved